夫婦にとっての困り事

第三に、男性の欲望が自家発電的であるためでしょう、なかなか一定の期間、禁欲ができないのです。あなたが結婚して赤ちゃんを生む、そしてあなたの身体がまだ正常な状態にもどらぬうちに、あなたの未来の夫はひょっとしたら、あなたの肉体を求めるかもしれません。あるいはまた妊娠九カ月頃といった期間中でも、なかなか彼は辛抱できないかもしれません。性欲に限らず、何ごとにつけても男のほうが女よりも我慢する力が足りないようです。そして、そういう欲望の目ざめつつある期間、もしこれに適当なはけ口を与えられないときには、男性はすぐイライラしたり、怒りっぽくなったりします。男性自身、自分をもてあますのだともいえましょう。考えてみると、これはまことに男女双方、夫婦両方にとって困ったことです。こういう状態にあるように見えたときには、お互に率直に話し合うとか、あるいは極端なぱあいには、お医者さんに相談するのがいいと外国の学者などは忠告しています。みたされぬ夫の性欲が原因でありながら、性以外の問題で、あたりちらす、などということはもちろん、大へん間違ったことですが、こういうぱあいは、少なくないと思います。産前産後に浮気をする夫lこれは妻の立場から見れば、なんとも情ないこととしか考えられないことです。けれども、いま申し上げたように、男性の性欲がこういった性質をもっている以上、この『情ない事柄」にもひとつの理由があるのだと考えて、充分ご用心していただきたいのです。あなたは出会った人に対して、自分の理想を演じずに本当の自分をぶっちゃけられますか?

出典:結婚相談所を比較
DK089_L